高濃度ビタミンC点滴療法 がん治療・免疫療法の専門クリニック|愛知県・名古屋市

内藤メディカルクリニック メニューボタン

がん治療・免疫療法HOME > 高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴

 2005年9月にビタミンC療法の画期的な研究論文が発表。『米国アカデミー紀要』権威ある科学雑誌に論文が掲載された。その内容は、『ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、がん細胞だけを殺し、副作用が少ない抗がん剤である』との驚くべき内容であった。

 この論文を発表したのは、米国国立衛生研究所(NIH)、米国国立がん研究所(NCI)、米国食品医薬品局(FDA)、アイオワ大学フリーラジカル・放射線研究部門に所属する8名のドクターや科学者であった。

正常細胞に害を与えずがん細胞だけを倒す

 論文の根拠となった実験は、人間にビタミンCを静脈から点滴したときと同じ状態を、試験管内で再現して行われました。

 普通、人間のビタミンCの血中濃度は0.1ミリモル程度です(ミリモルとは、ビタミンCの血中濃度を示す単位)。高濃度のビタミンCを点滴すると、0.3~20ミリモルまで上昇します。この時重要なのは、ビタミンCを点滴で血液中に送り込むということです。ビタミンCを口からどんなに多く摂取しても、血液中のビタミンCの濃度は0.22ミリモルを超えることはありません。

高濃度ビタミンC点滴

 第1の実験では、ビタミンCが正常細胞に害を与えず、がん細胞だけを殺すかどうかについて検証されました。

 具体的には、9種類のがん細胞と4種類の正常細胞をビタミンCの入った試験管内に1時間さらし、24時間後にどうなるかを観察しました。その結果、5ミリモル以下のビタミンC濃度で、9種類のがん細胞のうち、5種類が50%死滅し、正常細胞には全く影響がなかったのです。影響のなかった4種類のがん細胞のうち、3種類のがん細胞はその増殖が99%抑えられました。

高濃度ビタミンC点滴

 第2の実験では、ビタミンCのがんの細胞死に与える影響が、より詳しく検証されました。

 人間のリンパ腫細胞(がん細胞)を、0.1~5ミリモルの間の8段階のビタミンC濃度の中にそれぞれ1時間さらしたところ、濃度が2ミリモル以上になると100%死滅する事が確認されました。つまり、ビタミンCの濃度が高くなればなるほど、がん細胞の死滅率も上昇する事がわかったのです。

なぜビタミンCはがんに効果的なのか

 ビタミンCが細胞の表面や内部に作り出す過酸化水素やフリー・ラジカルといわれる有害な物質によるものとされています。

 ビタミンCは酸素が存在すれば、細胞の内外で酸化型アスコルビン酸と過酸化水素になります。そして後者はがん細胞にダメージを与えます。ビタミンCを大量に与えれば当然体内のビタミンCのレベルは高くなりますが、正常な細胞は自分に必要な量だけビタミンCを取り入れるだけです。これは細胞自身にそのようなコントロール能力があるからです。

 一方、がん細胞は正常細胞が持つこうしたコントロール能力を失っているため、自分の周囲にある大量のビタミンCをいくらでも細胞に取り入れてしまいます。そしてその結果として、自分に害になる過酸化水素を余計につくり出して自ら死滅するのです。

 このほかにもビタミンCが体内で銅と化学反応してつくり出すフリー・ラジカルが、がん細胞をうまく殺すといった効果もあります。

無料個別医療相談無料個別医療相談
無料資料請求無料資料請求
無料資料請求