肺がん症例7 がん治療・免疫療法の専門クリニック|愛知県・名古屋市

内藤メディカルクリニック

肺(小細胞)がん50代/女性

肺がん治療実績

肺がん治療前のイメージ

治療前

肺がん治療後のイメージ

治療後

肺がん治療経過

  • 平成17年11月、総合病院にて(小細胞)肺がんと診断される、左肺に6cm×6cm。抗肺がん剤2クール施行するも効果なく中止となる。余命数ヶ月と診断され、腫瘍マーカーもProGRP(正常:46以下)4930↑と高値示す。
  • 平成18年2月、当院受診。放射線治療と活性NK細胞治療の併用治療を行う事となった。
  • 【肺がん:当院受診時の症状】
    1. 咳あり、痰あり、血痰あり
    2. 胸部から背部にかけて痛みあり
    3. 食欲なし
    4. 疲労感が強い
    5. 精神面のダウンあり
  • 平成18年3月、第1回目の活性NK細胞治療を施行。
  • 平成18年5月、X-Pを施行したところ腫瘍は1/2に縮小。
  • 平成18年6月、再度X-Pを施行、腫瘍はほぼ消失。腫瘍マーカーもProGRP(正常:46以下)100↑に数値が下がる。
  • 【肺がん:平成18年6月時の症状】
    1. 咳なし、痰なし
    2. 胸部から背部にかけての痛み消失
    3. 食欲回復
    4. 精神面の安定
  • 今後もフォローしていく。

肺がん腫瘍マーカー推移表

ProGRP(正常:46以下)

H17.11
4930↑
H18.02
3940↑
H18.04
1181↑
H18.06
100↑

肺がん腫瘍マーカー推移グラフ

※ 掲載されている全ての画像及び文章の無断転載を禁じます。

院長による無料初診・相談は無料個別医療相談
資料・パンフレット希望の方は無料資料請求
無料資料請求