当院の治療のポイント|愛知県名古屋市のがん治療専門クリニック

当院の治療のポイント

免疫療法でのがん縮小・改善について

 標準治療と同じように、縮小・改善が期待できる治療方法です。

 早期発見で体力気力が十分なうちに治療を開始すれば、縮小・改善の可能性はより高くなると考えています。

免疫療法とは 治療実績と症例

標準治療との併用について

 患者さん個々の状態・病状にて異なりますが、併用も可能です。

 早期発見で内視鏡で簡単に切除できる場合や、抗がん剤がとても有効ながんの場合には、健康保険適応の標準治療をお奨めすることもあります。

 腫瘍がある程度大きくなっている場合には、再発・転移予防のために免疫細胞療法と標準治療の併用をご提案することがあります。

 すでに再発している患者さんや転移のある患者さんには免疫細胞療法をお奨めする場合が多いです。

 当院では、病気の状態だけでなく、患者さんの精神状態・生活スタイルなどがん克服の為の心のケアを中心として、そのうえで治療のご提案をさせていただきます。

免疫療法について

 当院の免疫療法は患者さんから採血させていただき特殊な技術で活性・培養させ患者さんに戻す治療法です。

 当院で実施している新樹状細胞ワクチン療法や活性NK細胞療法などの「免疫細胞療法」は、当院の学術研究員が独自で開発し、安全性の確かめられている治療技術です。

免疫療法とは 当院の直営・培養センター

樹状細胞ワクチンとペプチドワクチンの違い

 ペプチドとはアミノ酸がいくつか結合したものをさし、タンパク質などとも呼ばれています。

 がん抗原であるタンパク質を直接患者さんへ投与する治療をペプチドワクチン療法と言い、がん抗原を覚えさせた樹状細胞を投与する治療を樹状細胞ワクチン療法と言います。

 樹状細胞は獲得したがん抗原をがんの情報としてT細胞と言われる免疫細胞へ伝達し、T細胞にがんを攻撃するよう指示します。

樹状細胞ワクチンとペプチドワクチンの違い 新樹状細胞ワクチン療法

アフェレーシス(成分採血)不要な新樹状細胞ワクチン治療

 少量の末梢血から樹状細胞ワクチンを作成できます。

 当院の細胞培養・研究スタッフが日々研究を重ね、アフェレーシス(成分採血)をすることなく、少量の末梢血で樹状細胞ワクチンを作成する培養方法を確立しました。

 当院独自の技術を駆使し、患者さんの体力的な負担や苦痛を軽減することが可能となりました。

アフェレーシス(成分採血)不要

※アフェレーシスとは体外循環によって血液中から特定の成分を分離する装置で、 大がかりな機械が必要なうえ、2~3時間と長時間の採血が必要となります。

 長時間同じ姿勢が続く為、体が冷えるなどの苦痛を伴うこともありました。

新樹状細胞ワクチン療法の特徴

ペプチベータ®について

 新技術の人工抗原の「ペプチベータ®」は人工抗原を使用する際に事前の検査を行うことなく使用できるように複数のペプチドを合成し、人工的に作製されたものです。

 今までの人工抗原は、検査を行い一致しなければ使用することができませんでした。

 当院では新技術の人工抗原「ペプチベータ®」を使用し、すべての患者様に新樹状細胞ワクチン療法を行うことができるようになりました。

新技術の樹状細胞ワクチン療法(ドイツ訪問) 新技術人工抗原
院長による無料初診・相談は無料個別医療相談
資料・パンフレット希望の方は無料資料請求
無料資料請求