早期がん予知検査 がん治療・免疫療法の専門クリニック|愛知県・名古屋市

内藤メディカルクリニック メニューボタン

がん治療・免疫療法HOME > 早期がん予知検査

超早期がん予知検査

超早期がん予知検査

お知らせ
現在、早期がん予知検査の受付を停止しております。
より検出精度を向上させる為の改善と研究を行います。
再開まで今しばらくお待ちください。

個別医療相談はこちら

 二人に一人ががんになる時代です。がんは早期発見と早期治療が重要です。 この早期がん予知検査は健康な方、あるいは過去にがんの治療を受けたことがある方、 現在がんの疑いがある方におすすめの検査です。

血液中の見えないがんを探し出す

早期がん予知検査の発見領域

 MRIやCTでは10mm程度まで、PETでは5mm程度までと画像診断のがん検出能力には限界がありますが、当院の早期がん予知検査は、血液中に浮遊する5mm以下のがん細胞の検出を可能にし、がんの早期発見と最適な治療法の選択を実現します。

 早期がん予知検査によるがん細胞の早期発見と免疫細胞治療による早期治療が可能となりました。

血液中の見えないがん細胞

 増殖し大きくなったがんは血液やリンパ液へと浸潤し、流れに乗って循環して離れた臓器に転移を引き起こそうとします。この血液中を循環しているがん細胞をCTC(Circulating Tumor Cell)と言います。

 Circulatingは循環、Tumorは腫瘍、Cellは細胞、という意味で、末梢血浮遊がん細胞とか血中循環腫瘍細胞と言います。

 血液中のCTC(血中循環腫瘍細胞)の数がFDA(米国食品医薬品局)では、転移性の乳がん、結腸直腸がん、前立腺がんにおいて予後予測のバイオマーカーとしての有用性を示しており、臨床検査として承認されています。

早期がん予知検査の流れ

早期がん予知検査の流れ

早期がん予知検査の特徴

1.がんの早期治療(免疫細胞治療のみ)可能

※5mm以下(早期)のがんはCT・MRI・PET検査でも部位を特定できない為、手術・抗がん剤等は施行できません。

2.がんの予後予測や治療後の効果判定に有用

3.健常者の早期がんの検診・診断が可能

目的
血液中のがん細胞(CTC)の発見
内容
CT・PET・MRIでも発見できない5mm以下のがん細胞が検出可能
判定
血液中のがん細胞を個数単位で検出
判定後のケア
当院の免疫細胞治療による早期治療が可能
期間
採血後約2週間
採血量
約7.5ml
検査費
140,000円

早期がん予知検査と遺伝子検査

 早期がん予知検査と遺伝子検査の違いは、がん細胞を見ているか見ていないかにあります。

 遺伝子検査はがん細胞の有無や成長には関係なく遺伝子(DNA)を見ており、遺伝子の情報からがんになるリスクを検証していきます。

 早期がん予知検査では実際にがん細胞を見ます。

 5mm以下のがんでも、遺伝子レベルの損傷やコピーミスといった細胞は免疫細胞によって細胞の破壊や修復が行われています。

 こうした細胞は毎日、誰でも約5000個程の細胞が発生しています。

 その次となる段階、免疫細胞の攻撃から逃れてきてがんとして成長している画像診断機器でも発見できない大きさのがんを発見するのが早期がん予知検査です。

 がんはある程度大きくなると、転移しようとする為に血液中やリンパ液中にがん細胞が流れ出ます。

 このがん細胞を見つけることで、がんが体内にあるかどうかが分かります。

早期がん予知検査と遺伝子検査

早期がん予知検査

 当院の早期がん予知検査は、血液(約7.5cc)中にがん細胞(血中循環腫瘍細胞)が何個あるかをカウントする検査です。

 1個でも見つかれば、がんである可能性が高いと言えます。

  1. 今、がんになっているかどうかが分かる(部位の特定は出来ない)
  2. この検査を行える医療機関は少ない
早期がん予知検査は血液(約7.5㏄)を採血する検査

遺伝子検査

 遺伝子検査はヒトの設計図と言われるDNAを血液やほほの内側粘膜から採取して、今の健康状態から将来がんやどんな病気になるのか、リスクを調べる検査です。

 がんになる可能性がどれぐらいあるかが分かります。

  1. 安価な検査から高価な検査まで様々
  2. 検査会社もいくつか存在する
  3. 健康状態によってリスクは変化する
遺伝子検査はDNAを調べる検査
無料個別医療相談無料個別医療相談
無料資料請求無料資料請求
無料資料請求