リンパ球の凍結保存について がん治療・免疫療法の専門クリニック|愛知県・名古屋市

内藤メディカルクリニック

リンパ球の凍結保存について

 抗がん剤と併用治療される場合、抗がん剤を受けられる前のリンパ球を凍結保存し、その都度培養に使用することも可能です。

 リンパ球は、元気な免疫細胞を採取して培養するのが良いとされています。抗がん剤治療や放射線治療等による免疫細胞が減少し機能低下するため、その前に凍結保存することがベストです。 凍結は液体窒素タンクで、リンパ球を-196℃に凍結保存します。 毎週温度の調整をし、液体窒素を使用しているため、停電時などでも安全です。

院長による無料初診・相談は無料個別医療相談
資料・パンフレット希望の方は無料資料請求
無料資料請求