癌(がん)の末期から生還する人は少なくない! がん治療・免疫療法の専門クリニック|愛知県・名古屋市

内藤メディカルクリニック

癌(がん)の末期から生還する人は少なくない!

  1. 癌(がん)の末期から生還する人は少なくない!
  2. 余命宣告が無意味なこれだけの理由
  3. 「末期」という言葉が大変な誤解を生んでいる
  4. 「がん」という言葉が持つ重苦しさ
  5. 免疫細胞療法に最も大切な点

あきらめてはいけない、末期がんでも生還できる!

 病院で末期がんと診断されて余命宣告されたとしても、決してあきらめることはありません。なぜなら、がんの進行度は、必ずしもその患者さんの病状や体調とは一致しないからです。

 たとえば同じ末期がんで「余命6か月」と宣告された人でも、普通に日常生活が営める元気な人もいれば、ほとんど食事もとれず、点滴を打って寝たきりになっている病人然とした人もいます。そのように、見た目だけでも明らかな差がある患者佐何を、病気の進行度だけで同じ余命だと決めつけることに非常に違和感を感じます。

 杓子定規に病気のデータだけを見て、同じステージとして扱うことで、闘っている意識が強い患者さんまでが衰弱している他の患者さんの姿を見て、自分も同じ病状なのだと考えるようになり、それが原因でだんだん精神的にも衰弱してしまうのです。

 例えるなら、癌のステージや余命宣告というのはいわば、誰かが決めたひとつの名字のようなものです。

 同じ「Aさん」という名字であっても人間は十人十色です。誰一人、全く同じ人はいません。それと同時に、同じ「余命6か月、ステージ4」の患者さんでも、がんの発症部位や転移の状況、大きさ、その人の年齢や、精神状況など、癌克服の強い意志がある人など、症状はさまざまです。また、人に個性があるように、例え病気になったとしても年齢や性格、考え方、生活習慣、生き方により、一人ひとりの「いのち」には違いがあり、個性があります。

 ところが「あなたはステージ4ですね。余命はこのぐらいです。」と宣告してしまうと、その医師にとってあなたは一人の人間ではなく「ステージ4の余命3か月の患者」えいデータ的判断に基づき、どの患者さんもみな同じように扱ってしまいます。

 それはまるで「Aさん」という名字をつけてしまったために、その名を持つ人が皆同じ顔に見えているようなものです。医師は病気のみを診るのではなく患者自身を、深く見ることがとても大切であり、病名は同じであっても、患者自身の個性、生き方はそれぞれ違うのです。病気と患者さんの生き方も診断し、総合判断をするべきです。

 さらに悪いことに、患者さん本人まで、自分は「A」という名字をつけられた以上、隣のAさんと同じ顔をしているのだと勝手に信じ込んでしまいます。そうやってせっかく強い潜在生命力を持っているのにもかかわらず、それを見過ごしてしまい、治療に役立てることができないのです。

 それどころか病状ではなく抗癌剤点滴を打って、その強い副作用で苦しんでいる人を見て、病状が悪化している、自分もすぐにこうなるのだろうと思い込み、どんどん落ち込んでいってしまいます。

 私が「余命」や癌のステージにこだわらないのは、患者さんが言葉の持つマイナスイメージにより精神的なダメージを受け、がんと闘う気力を無くしてほしくないという強い思いがあるからです。

 患者さんやその家族は、「命」ではなく「いのち」を信じ、こうした思い込みに惑わされないようにしてください。

余命は自分で作り出すもの

 なぜ、医師は絶対的根拠のない余命宣告をするのでしょうか。

 それは、多くの医師が余命宣告の意味を、患者が限られた人生を有意義に過ごすためだと考えているからです。

 しかし、私から言わせればそれはきれいごとです。

 映画や小説などの中では、余命宣告された人が好きな人に会い、やりたいことをやって、旅行に行って……という美しいストーリーが描かれていることもありますが、現実はそんなに簡単なものではありません。

 余命宣告は、とても残酷であり精神的苦しみは極度に達し死の恐怖に苦しみ、深い悲しみと成り自分自身を追い込んでいきます。

 残された家族のこと、仕事のこと、かわいがっている愛犬のこと、友達のこと、幸せだった今日までの人生が、映画のシーンのように思い出され、別れの悲しみが襲います。同時に死の恐怖におののいて眠れない夜が続くのです。

 「残りの限られた有意義な人生」などはなく、ただ悲しみと絶望感のみなのです。

 人が行き来と充実して生きられるのは、夢や希望があるからです。未来に様々な目標や夢を思い描いてこそ、有意義な人生を送ることができるのです。

 余命宣告されてしまったら夢や希望は閉ざされ、残るものは悲しみしかありません。

 患者さんの本心はどんな状況であっても、苦しみを越えて前に進みたいのでしょうか。その気持ちをサポートするのが医師の役割でもあります。

 患者さん一人ひとりには、医師にもわからない素晴らしい「潜在的生命力」が秘められています。だからこそ医師は安易に余命の計算などせずに、患者さんの可能性を信じ、最大限に引き出すサポート役に徹するべきです。

 人は誰でもいつのには、遅かれ早かれ人生の最期を迎えます。永遠に生き続ける人などどこにもいません。

 つまり、すべての人に余命があります。それは数分かもしれないし、何十年かもしれません。しかし、誰にも余命ははかれないので、死を意識せず毎日生きているだけのことです。だから余命宣告を受けたとしても、「がん」という新たなリスクに対する余命計算がされたに過ぎないのです。本当のところ、がんが発症する前の自分の余命と、大きく差があるかさえわからないのです。

 しかし、余命宣告された患者さんは余命があることが、人間にとって当たり前だとはなかなか受け入れられません。自分の人生の終末をいつか訪れる自然なものとして受け入れるのではなく、迫り来る恐怖としてとらえてしまいます。

 そのため、必ず悲しみと苦しみが伴います。ネガティブな感情に打ちのめされた患者さんには必ず前向きに闘う力は残っていません。

 たとえば余命3か月と言われたら、その患者さんは病気を意識し、死を意識することで絶望的になり寿命は縮んでいってしまいます。

 ところが同じ病状の患者さんでも、医師に2、3年は大丈夫と言われると力が湧いてきます。そして病気を克服しようという夢と、その夢に向かって闘う勇気が生まれてくるのです。実際にそういう状況によって寿命が延びることもあるのです。

 がん治療で最も大切なことは免疫力を高めることです。

 だからこそ、余命宣告されたとしても病人然として寝込んでいるよりも、楽しく日々を送った方がよいのです。

 もちろん、食事もとれず高熱が出ている人に外に出て遊び回れと言うことではありませんが、かえってがんのことなど忘れて、変わらない日常生活を過ごしている方が、免疫力が高まることもあります。

 普通に食事を摂ることができて、今まで通りの日常生活を営むことが可能であるにもかかわらず、医師に余命宣告されて、週末の支度などを元さんがいたら、私はあえてこう投げかけます。

 「今日一日でも、全国で多くの人が、交通事故や不慮の事故で氏を迎えているのです。癌と言っても、あなたは今行動し、食事も摂取でき、日常生活もできるのでしょう。それなら、余命などと考えるのはやめて、あくなき生に向かって闘ってください。がんはあなたに闘うチャンスを与えてくれ、あなたは生きて今がんと闘っているいるのです。あなたががんとの闘いに勝つことができたとき、新しい第2の人生が待っているのです。がんに打ち勝ったあなたにしか与えられない新しい人生が始まります。」

 家族や友人と楽しい時を過ごしたり、おいしいy即時に舌鼓を売ったり、好きな趣味に没頭することは、まさに人間に与えられたかけがえのない人生のひとときです。

 例えがんという病気と闘っていても「潜在的生命力」を信じることで、もっと前向きな人生にすることができます。

 もしかしたらがんという病気になったからこそ、家族への感謝の気持ちを素直に伝えることができたり、疎遠になっていた友人と旧交を温めたりすることで、家族や友人との絆がいっそう深まり、深い愛情を再認識できるかもしれません。

 食事のおいしさや趣味に打ち込む楽しさも、以前より深く味わえるようになるかもしれません。だからこそ今、この人生をおろそかにして、いつ来るかもわからない終末の準備に心を砕くことなどしてほしくないのです。

 そのためには患者さん自身も、自分の命を医師任せにしないという覚悟を持ってください。自分の身体のことや病気のこと、治療法についてしっかり知識を持った上で、医師と十分なコミュニケーションを図り、がん克服の努力をしてほしいのです。

 患者さんのそんな姿勢が医師を患者さんにしっかり向き合わせることにもつながるはずです。

がんは免疫システムと密接に関わる病気

 人には誰にでも「潜在的生命力」があるという話をしましたが、実際にどのような働きが体に作用してがんを抑制するのでしょうか。

 このような力を一般的には「免疫」といいます。

 つまり、「潜在的生命力」に気づき、前向きに治療に取り組んだ結果、がんと共存し克服できた人は結果的に自己免疫力を高めたことが功を奏したといえるでしょう。

 免疫とは、一言でいえば「体を守るための防御システム」です。

 私たちの体の中には、ウイルスや細菌などさまざまな異物が入り込んできます。これを見つけて撃退するのが免疫システムの仕事です。

 ただしこの異物は外から侵入するものばかりではありません。がん細胞のようにもともと自分の細胞であったものが何らかの事情で変異して、本来の自分のものではなくなって″異物〟になる場合もあります。免疫とはこのように「自己」ではない異物、つまり「非自己」の存在を撃退して「自己」を守るシステムということもできます。

 このシステムはとても精密にできていて、体に入ってきた異物をすぐに退治できるように細分化された役割分担と、相互に連絡を取り合うネットワークシステムが全身に張り巡らされています。

 免疫システムを担うのは、白血球として血液中に存在する免疫細胞です。免疫細胞にはさまざまな種類があります。

 たとえば、「マクロファージ」という免疫細胞は、別名「貪食細胞」とも呼ばれ、体内に侵入したウイルスや細菌、ホコリなどの外敵を見つけては取り込み、いわば貪り食うように処理していきます。自分で処理できなくなると、外敵が来たと他の細胞に外敵の目印(抗原)を伝えて助けを求めます。これを抗原提示といいます。

 この知らせを受けると「ヘルパーT細胞」という免疫細胞が「B細胞」に抗体(外敵を撃退する武器)を作れと命じ、B細胞から抗体が生み出されて外敵が攻撃されます。

 このように体内をパトロールして外敵を発見したり、自分の組織に取り込んでしまう細胞もあれば、抗体という武器を作って攻撃する細胞もあります。

 さらに仲間が外敵を認識しやすいように目印をつける細胞もあれば、その目印を頼りに外敵を攻撃する細胞などもあります。私たちの体はこうして、驚くほど精密な免疫システムによって外敵から身を守っているのです。

自然免疫と獲得免疫の連係プレーで体を守る

 免疫とはこのように、侵入してきた異物から身を守るための総合的な防衛システムをいうのですが、攻撃の形によって大きく二つに分けることができます。

 ひとつは、前述のマクロファージに代表されるような体に侵入する異物を手あたり次第に攻撃する方法。これは本来、私たちの体に備わっている自然な免疫システムという意味から「自然免疫」と呼ばれています。風邪やインフルエンザのウイルスなどは、この自然免疫システムによって体から排除されていきます。

 自然免疫細胞のなかには、このほかにも体中を常にパトロールしながら、がん細胞やウイルスに感染した細胞を見つけ次第殺していく「ナチュラル・キラー(生まれつきの殺し屋)細胞=NK細胞」やがん細胞を攻撃するよう指令を出し周囲に枝のような突起を伸ばす「樹状細胞」、細菌やカビを貪食・殺菌する「好中球」などがあります。

 もうひとつは、がん細胞を攻撃する指令を受け取るヘルパーT細胞やB細胞です。樹状細胞とT細胞は巧みな連携プレーによってがん細胞を攻撃します。

 ヘルパーT細胞やB細胞のように異物の情報を獲得して抗体を作り、攻撃するシステム。これは後天的に獲得する免疫という意味で「獲得免疫」といいます。

 この種の細胞にはほかにも異物の情報を受け取ると、その対象に照準を絞って殺す「キラーT細胞」や、攻撃を終わらせる「サプレッサーT細胞」などがあります。

 はしかや破傷風などのように、小さい頃に摂取するワクチンは、この獲得免疫のシステムを使った病気の予防法です。あらかじめ無毒化したウイルスを体内に入れてT細胞やB細胞に記憶させておくと、同じウイルスが入ってきたとき即座に撃退できるからです。

 インフルエンザのように、予防接種をしてもかかってしまうことがあるのは、せっかくT細胞やB細胞にウイルスの型を記憶させても、インフルエンザのウイルスの型は毎年微妙に変わってしまうため、敵だと認識できないことがあるためなのです。こういう場合にはせっかく予防接種をしていても、結局新たにウイルスの情報を受け取るまで戦闘態勢には入れないわけです。

 このように、免疫細胞の種類は大きく二つに分類することができるわけですが、それぞれのグループが単独で働くわけではありません。たとえば自然免疫のマクロファージが助けを求めると、その情報を獲得免疫の司令塔であるヘルパーT細胞が受け取り、B細胞に指令を出すといったようにそれぞれの細胞が巧みな連係プレーを行っています。

無理にがんを消そうと思わず共存することも意味がある

 とても不思議なことですが、 医学的にみればいつどのようになってもおかしくないような末期がんの患者さんが自らの生命の原点を見いだし、再び生きる目標を持って、がんと闘う勇気を奮い立たせたとき。体の中ではがんの進行が止まり、多少縮小しはじめるなどして肉体が「がんと共存」することは、けっして珍しいことではありません。

 7年ほど前の患者さんですが、肺がんで肺に1センチぐらいの腫瘍があり、私は強く手術を勧めました。ところがその患者さんはどうしても嫌だといって手術を拒否してしまいました。

 しかし、それから7年も経っているのにその患者さんは元気なのです。がんは消滅したわけではなく、毎年検診のレントゲン検査で必ず指摘されるのですが、腫瘍は変化なく現在も憎悪していないのです。いわば体の自然治癒力が勝ったというべきでしょうか。いずれにしても現在は彼の肉体は、がんと共存していると思われます。

 がんがあるのに大きくも小さくもならないというように「がんと共存」している人の例は他にもたくさんあります。そういう人はもしかすると、無理に手術により切除することにより、余計に悪い結果になっていた可能性もあります。 切除しなかったことが幸いしているのかもしれません。もちろんそれほどがんが悪性でなかったのかもしれないし、その人の頑強な精神力が、がんに対する免疫力を高めていたのかもしれません。おそらくは、そんないくつかの幸運が重なった結果なのでしょう。

 だから必ずしも、がんを消滅させようと考えることはありません。がんを消そう消そうと思うと、患者さんの心にはかえって焦りが生じてしまいます。これは免疫力を高めるうえでもけっしていいことではありません。むしろがんと「共存」し、5年も6年も元気に過ごしている人はたくさんいるのです。だからこそ、がんはなくならなくても、体に悪い影響さえ出なければいいのす。そして、共存することです。

 「がんと共存」などという考え方は、現代の医学の教科書に示されているものではありません。けれども人の体には、そういう不思議な力が確実に備わっています。だから、たとえ数パーセントでも望みがあるなら、けっしてあきらめてはいけないのだということを、知っておいていただきたいのです。

 これも、がんになったからこそ手にすることのできる、もう一つの人生のあり方でもあるのです

好評発売中

がんに克つ

がんに克つ

医師ではなく、患者が主役のがん治療

発行:幻冬舎メディアコンサルティング
発売:幻冬舎
サイズ:四六判(ソフトカバー)/226p
ISBN:978-4-344-97301-5

がんに克つ
院長による無料初診・相談は無料個別医療相談
資料・パンフレット希望の方は無料資料請求
無料資料請求